ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
カートの中身を見る

» カートの中身を見る


名前

キャプテンブルース(Masato Nishimura)

メモ

今年は皆様にとっても大変な1年だったことと思います。 音楽業界も当然のように大打撃を食らい、休業・閉店するお店なども相次ぎました。 しかーし!今こそ音楽の力を発揮する時。そう思い、来年2021年も頑張ってまいります。 ブルース・レーベルなどのTシャツ・グッズ専門サイト『ROOTSVILLE』も開業いたしました。 大変ご好評いただき嬉しい限りです。 今後とも宜しくお願いいたします。


グラミー2019 ノミネート作品
ブルース・ミュージック・アワード2019 ノミネート作品
グラミー2020 ノミネート作品
Blues Women Series 2021 キャンペーン
メルマガ登録・解除はこちら
Jake Mason Trio / The Stranger In The Mirror (2019/4)
型番 BSMF-5068
定価 2,400円(税込2,640円)
販売価格

2,400円(税込2,640円)

購入数


BSMF-5068 ジェイク・メイソン・トリオ / ザ・ストレンジャー・イン・ザ・ミラー

オーストラリアの最強ジャズファンク・トリオ、クッキン・オン・スリー・バーナーズのオルガン奏者としてその名を知られるジェイク・メイソンが、ソウルジャズ・トリオとして初のリーダー作をドロップ。ジミー・スミスや、ジャック・マクダフなどを彷彿とさせる、60年代にタイムスリップしたかのようなオーセンティックなオルガンジャズを聴かせる。オーストラリアのグラミー賞「ARIAミュージック・アワード2018」の、最優秀ジャズアルバム賞にノミネートされた名作が遂に日本上陸を果たす。





1. The Grain Store
2. The Stranger In The Mirror
3. Rib Eye
4. Please Please Please
5. People Two & One
6. Smile Awhile
7. Butter Melt
8. Sunfall
9. Lemon Twist
10. Candy Smack

Jake Mason (ジェイク・メイソン)
ジェイク・メイソンは、オーストラリアのメルボルンを拠点に活動するマルチ・インストゥルメンタリスト。元々はアルトサックスの奏者だったが、メルボルンの難関校ビクトリアン・カレッジ・オブ・ジ・アーツ在学中にハモンドオルガンの音に心酔。ジミー・スミスや、ジミー・マクグリフ、ラリー・ゴールディングスなどに影響を受け、オルガンを独学で学び始める。1997年、ザ・バンブースのギター奏者ランス・ファーガソンと、ドラマーのアイヴァン・カチョーヤンと共にジャズファンクバンド、クッキン・オン・スリー・バーナーズを結成。数枚のシングルを発表した後、2007年にデビューアルバム『Baked, Broiled and Fried』を発表する。2014年の『Blind Bet』では、オーストラリアの音楽賞を獲得し、この年の東京JAZZで初来日。2016年には、共同制作したKungs vs. Cookin' on 3 Burners名義のシングル「This Girl」が、30の国と地域でiTunesチャート1位を獲得。Shazamのワールドチャートでは11週1位をキープし、世界的ヒットとなる。

関連商品

BSMF-5060 Cookin' On 3 Burners / Lab Experiments Vol. 2
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける