Kate Fenner / Middle Voice (2019/3)
型番 BSMF-6162
定価 2,400円(税込2,592円)
販売価格

2,400円(税込2,592円)

SOLD OUT

BSMF-6162 ケイト・フェナー / ミドル・ヴォイス

80年代からバーボン・タバナクル・クワイヤーやクリス・ブラウンとのデュオなどで活躍してきたカナダ&ニューヨークの歌姫、ケイト・フェナーの10年ぶりとなるアルバム。「ジョニ・ミッチェルの再来」と称される美しくナチュラルなヴォーカルで、フォーキーでジャジーな大人のポップ・ロックを聴かせる。スナーキー・パピーやアニ・ディフランコ等、多くのアーティストをサポートするトニー・シェルがプロデュースを手掛け、ノラ・ジョーンズ、ビル・フリーゼル、ジェイソン・モラン等、NYの超一流が多数参加した強力作。



1. Two Minds
2. This Divorce
3. Beatrice
4. The Yield
5. A Marriage
6. Song & Dance
7. You're a Big Girl
8. Fatal Fire
9. Hunter
10. Passenger
11. That Is All

Kate Fenner (ケイト・フェナー)
ケイト・フェナーはカナダ出身で、現在はニューヨーク在住のシンガー・ソングライター。1985年に高校の同級生らとバーボン・タバナクル・クワイヤーを結成。1987年『A First Taste of Bourbon』でデビュー。その後もコンスタントに3枚のアルバムを発表。ソウルフルなロックサウンドはカレッジシーンで人気となり、映画『Highway 61』などのサントラに楽曲が取り上げられる。しかし1995年『Shy Folk』を最後にバンドは解散。NYに拠点を移し、ケイトは、メンバーのクリス・ブラウンとのデュオで活動を開始。すぐさま、クリス&ケイト名義で1997年『Other People's Heavens』 を発表。その後もコンスタントに5枚のアルバムをリリース。並行して2000年にはカナダのロックバンド、トラジカリー・ヒップのツアーにヴォーカルとして参加。また2003年には初のソロ・アルバム『Horses and Burning Cars』を、2007年にはセカンド『Magnet』を発表。2004-5年にかけてはBBキングの前座も務めている。
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける