ブルース&ソウル・ミュージック・ファクトリー

<LP>Lucinda Williams / Ramblin'(輸入LP / Clear Vinyl) (2023/02入荷) BSLP-7559

3,200円(税込3,520円)

定価 3,200円(税込3,520円)


★BSLP-7559 ルシンダ・ウィリアムス / ランブリン(輸入LP: アナログ盤)
(輸入LP / 限定クリア・ヴァイナル / Floating World / FLOATLP6019 / 0805772601918)

現在、アメリカ最高のシンガー・ソングライターと称される、ルシンダ・ウィリアムスがブレイク前の20代にスミソニアン・フォークウェイズからリリースした2枚のアルバム『ランブリン』(79年)、『ハッピー・ウーマン・ブルース』(80年)を同時再発売!デビュー作となる『ランブリン』は、ロバート・ジョンソン、メンフィス・ミニーなどのブルースから、ハンク・ウィリアムス、カーター・ファミリーなどのカントリーの名曲まで、彼女が影響を受けてきたルーツミュージックを、若々しい歌声で聴かせた貴重な弾き語りアルバム。

★こちらの商品は輸入盤LPとなります。CDオビに添付の日本語解説ライナーをお付けいたします。配送方法は宅急便のみとなります。

https://www.youtube.com/watch?v=C1HwtYYSdiA

https://www.youtube.com/watch?v=4l5LtBfoYcY

SIDE A
1. Ramblin' On My Mind
2. Me And My Chauffeur
3. Motherless Children
4. Malted Milk Blues
5. Disgusted
6. Jug Band Music
7. Stop Breakin' Down

SIDE B
8. Drop Down Daddy
9. Little Darling Pal Of Mine
10. Make Me Down A Pallet On Your Floor
11. Jambalaya (On The Bayou)
12. Great Speckled Bird
13. You're Gonna Need That Pure Religion
14. Satisfied Mind


★Lucinda Williams (ルシンダ・ウィリアムス)
ルシンダ・ウィリアムスは、1953年ルイジアナ州出身。幼い頃から両親の影響でデルタ・ブルースやハンク・ウィリアムスなどを聴いて育つ。12歳でギターを手にし、17歳で初ステージ。20代前半はテキサスのヒューストンやオースチンで活動。その後、74年にミシシッピ州ジャクソンに移り、78年デモテープを録音し、スミソニアン・フォークウェイズに送り、契約。そして79年『Ramblin'』、80年『Happy Woman Blues』を発表するも成功には至らなかった。80年代に入るとLAに移り、サウンドもロックテイストを取り入れたバンドで活動。88年『Lucinda Williams』を発表。収録曲「Passionate Kisses」をメアリー・チェイピン・カーターがカヴァーし、グラミー賞も獲得。そして98年の『Car Wheels on a Gravel Road』で遂にブレイク。翌年のグラミーも受賞し、名実ともに確固たる地位を獲得。その後は、コンスタントに2001年『Essence』、2007年『West』、2011年『Blessed』など発表し、今やグラミーやアメリカーナ・アワードの常連である。

★関連商品

BSMF-7560 Lucinda Williams / Happy Woman Blues

おすすめ商品