ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
カートの中身を見る

» カートの中身を見る


名前

キャプテンブルース(Masato Nishimura)

メモ

今年は皆様にとっても大変な1年だったことと思います。 音楽業界も当然のように大打撃を食らい、休業・閉店するお店なども相次ぎました。 しかーし!今こそ音楽の力を発揮する時。そう思い、来年2021年も頑張ってまいります。 ブルース・レーベルなどのTシャツ・グッズ専門サイト『ROOTSVILLE』も開業いたしました。 大変ご好評いただき嬉しい限りです。 今後とも宜しくお願いいたします。


グラミー2019 ノミネート作品
ブルース・ミュージック・アワード2019 ノミネート作品
グラミー2020 ノミネート作品
Blues Women Series 2021 キャンペーン
メルマガ登録・解除はこちら
Christina Crofts - Just How Love Feels (2020/07/29 発売)
型番 BSMF-2703
定価 2,400円(税込2,640円)
販売価格

2,400円(税込2,640円)

購入数


BSMF-2703 クリスティーナ・クロフツ / ジャスト・ハウ・ラブ・フィールズ

オーストラリア、シドニー発!ブルース・ギター・ウーマンのニューヒーロー、炎のスライド・ギタリスト、クリスティーナ・クロフツが日本初登場!ギタリストで師匠でもあった夫の死を乗り越え、実に11年ぶりにリリースする魂のブルース・ロック・アルバムだ!ロリー・ギャラガーやZZトップに影響を受けた泥臭いスワンピーな楽曲に、骨太で艶っぽいボトルネック・サウンド、そしてキュートなヴォーカルを存分に聴かせた強力作。





1. Lookin' Back on You
2. Calllin' Your Name
3. Someone Younger
4. Story of Love
5. Just How Love Feels
6. Sweet Memories
7. Miss My Man
8. Voodoo Queen
9. A 380


★Christina Crofts(クリスティーナ・クロフツ)
クリスティーナ・クロフツは、オーストラリアのニューサウス・ウェールズ出身。シドニーに移ってからは、ザ・ボンバーズなどで活躍していたスティーヴ・クロフツ(後の夫)から本作的にギターを学ぶ。90年代後半には自身がフロントマンを務める3ピースバンド、クロフツタウン・トラフィックを結成。その後、ザ・ボンバーズを解散したスティーヴか加わり、クロフツタウンに改名。2006年にバンド名義で1stアルバム『Unboogie』を発表。しかし、夫のスティーヴが難病であるハンチントン病に侵されバンドは休止状態。彼の看護を続けながらも、クリスティーナは、2008年にソロとして初のアルバム『Midnight Train』をリリース。アルバムが高い評価を受けたことでオーストラリアの多くのメジャーフェスティヴァルにも出演し、知名度を上げてゆく。しかし、2016年8月にスティーヴが他界。悲しみに暮れる中、2017年にリリースした4曲入りEP『Like We Used To』が各音楽チャートにランクイン。そして、2019年、11年ぶりとなるニューアルバム『Just How Love Feels』をリリースしたのである。

★関連商品
ブルース・ギター・ウーマン・・・スライド・ギター!!
イリア・ライチネン

この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける