Charlie Musselwhite / The Harmonica According To (2015/01)
型番 BSMF-7019
定価 2,000円(税込2,160円)
販売価格

2,000円(税込2,160円)

購入数


BSMF-7019 チャーリー・マッスルホワイト / ハーモニカ・アコーディング・トゥ
ブルース名盤再発掘シリーズ!60年代から活躍し続け、現在も2014年ブルース・ミュージック・アワード受賞作『リメンバリング・リトル・ウォルター』やベン・ハーパーとの競演作など精力的に活躍する白人ブルース・ハーモニカ・プレイヤーのレジェンド、チャーリー・マッスルホワイトが1978年にキッキング・ミュールよりリリースした隠れた名盤。ギターには、サム・ミッチェルやステファン・グロスマンが参加。さらに収録13曲を全て違うキーで吹くというこだわりで聴かせたハーモニカ・プレイヤーにとっては必聴のアルバム!

1. Harpin' On A Riff
2. Run Here Mama
3. Tuff
4. Pistol In Your Face
5. Azul Para Amparo
6. Blues All Night
7. Fast Life Blues
8. Way I Feel
9. Chicago Sunset
10. Blues In The Dark
11. Shelby County Blues
12. Scufflin'
13. Hard Times

★Charlie Musselwhite (チャーリー・マッスルホワイト)
1944年ミシシッピ出身のハーモニカプレイヤー。幼い頃にメンフィスに移り、メンフィス・チャーリーという名で活躍。18歳でシカゴに移り、マックスウェル・ストリートやクラブでリトル・ウォルター、ロバート・ナイトホークなど伝説のミュージシャン達と共演。65年ヴァンガード編集の『ChicagoTheBluesToday!』にビッグ・ウォルター・ホートンのバックで初録音。67年にはフレッド・ビロウらが参加したデビュー作『Stand Back!』をヴァンガードより発表し、68年『Stone Blues』、69年 『Tennessee Woman』と快調にリリース。その後、拠点をサンフランシスコへ移し、70年代、80年代はアーフリーやブルーロケット、キッキングミュールなど様々なレーベルから佳作を発表し続けるも大きな話題にはならなかった。そして90年代に入りアリゲーターに移籍し発表した90年『Ace of Harps』が注目を集め大々的なツアーを行うなど完全復活。その後はWCハンディアワードも多数受賞し、トム・ウェイツのアルバムへの参加や『ブルースブラザース2000』に出演と常に話題を振りまいている。

この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける