Markey Blue Ric Latina Project / Raised in Muddy Water (2018/6)
型番 BSMF-2613
定価 2,400円(税込2,592円)
販売価格

2,400円(税込2,592円)

在庫数 在庫 1 枚 売切れ間近!
購入数


BSMF-2613 マーキー・ブルー・リック・ラティーナ・プロジェクト / レイズド・イン・マディ・ウォーター

ナッシュビルを拠点に活躍するパワフル女性ブルース・シンガー、マーキー・ブルーと職人ギタリスト、リック・ラティーナによるニュープロジェクト!数多くの賞を獲得した前作『The Blues Are Knockin'』に続き、スワンプ・ロックからトラディショナル・ブルースまで存分に聴かせた貫禄の一枚。バックにはTaj Moのドラマー、マーカス・フィニー、ティム・マックグロウのベーシスト、ジョン・マーカス。そしてスペシャルゲストにエディ・クリアウォーターがヴォーカル&ギターで参加(M7)。





1. Raised in Muddy Water
2. Corrina Shine
3. A Little More I Die
4. Red Room
5. Mississippi Soul
6. Walking over This Line
7. I Like It Like This
8. Tears All over the World
9. When I Close My Eyes
10. Come and Go
11. Drowning in His Ocean (Bonus Track)

Markey Blue (マーキー・ブルー)
マーキー・ブルーは、カリフォルニア出身。19歳でラスベガスへ移り、ショーガール、コメディエンヌ、女優などショービジネスで活躍。しかし本格的にカントリーシンガーをめざし、ナッシュビルへ移る。2004年『Simple Things』など発表するも全く目がでず、活動を休止。その後、ブルースに転向しリリースした2011年『Blue』が高い評価を受け、ナッシュビルBMAでベスト・フィメール賞を受賞。

Ric Latin (リック・ラティーナ)
リック・ラティーナは、ロードアイランド出身。ナッシュビルへ移ってからはセッション・ギタリストとしてワイロン・ジェニングスなど多くのカントリー系シンガーのバックで活躍。そんな2人が、5年前に出会い、EPを制作。スタックスの影響を受けたメンフィス・ソウル・サウンドは、スティーヴ・クロッパーから高い評価を受け、彼のOAに抜擢。そして2015年に1st『Hey Hey』を発表。ブルース・ミュージック・アワードのベスト・デビュー・アルバムを初め、多くの音楽賞にノミネート。翌2016年には『The Blues Are Knockin'』をリリース。こちらも多くの賞を獲得し、TVや映画でも楽曲が使われる。
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける